特定非営利活動法人うつのみや百年花火 会長あいさつ 


 うつのみや花火大会は10周年を迎え、今年も子供たちの笑顔を咲かせ続ける・・・
 2003年を最後に休止した花火大会を2007年にもう一度復活出来たのは、「子供たちに夢と希望と感動を与えたい。」その想いだけ。そして10周年を迎えられたのは、その想いに対して9年間挑戦し続けたからです。
 復活して10年目という大きな節目を迎えられたことは多くの方々にボランティア活動にご賛同頂き、温かいご支援ご協力があったからこそであり、心より皆様に感謝申し上げます。
 10周年のテーマは「笑顔」にさせていただきました。
 宇都宮市民の皆様からのたくさんの愛、粋なお心遣い、真心のご支援があって、キセキを起こし続けてこられたことに感謝いたします。私たちはいろいろな思ひ出を残してきました。ですが、花火大会としての「想いの火を」消さないために100年後まで続く一年一年の笑顔を作っていく事を考え、今年のテーマを笑顔にさせて頂きました。
 夜空に広がる大輪の花も大切ですが、宇都宮に咲く笑顔の花を大切に。私たち『NPO法人うつのみや百年花火』は、100年以上にわたり宇都宮に笑顔を咲かせ続ける事を目標に毎年開催させて頂く事で、地域社会への貢献と宇都宮の発展に寄与するものに繋がると確信しております。
 笑うところに福きたる。最幸の時間を家族や仲間と過ごせるようメンバー一同頑張ってまいりますので、引き続き、10周年大会にご支援ご協力いただきますよう宜しくお願いします 
 


2016うつのみや花火大会
会長 川又 俊治